ホームページ制作会社・株式会社ネクストワンがお届けするWebマガジンサイト。

日本のお城(100名城)を描く(筆ペン画)

2006年に公益財団法人 日本城郭協会が定めた日本100名城のうち、天守閣が復元されているお城をメインに描きました。日本100名城には、現存12天守すべて含まれていますが、このページでは、現存12天守以外の日本100名城を掲載しています。

日本のお城(現存12天守閣)を描く(筆ペン画)

日本のお城で江戸時代以前に建造され、現在に至るまで戦争・災害などで消失せずに、現存している天守閣は12天守が存在しています。その貴重なお城の風景画を筆ペンで描き、イラストレーターのソフトでデータ化、彩色したものを写真・イラスト・動画・音楽の素材サイトPIXTAで素材販売をスタートさせました。

全国の上水道管の老朽化はどうなっているの?

TVの報道で見かける水道管破裂のニュース、人でいう狭心症や心筋梗塞のように血管内が詰まっていて危険な状態なのでは?と心配になってしまいます。実際、全国の上水道管の老朽化は進んでいて、総延長61万キロメートルの内ほぼ地球一周分に匹敵する距離が法律に定められた耐用年数40年を既に過ぎているとか・・・。公共部分の水道管を順次、取り替える事ができたとしても、その先のマンション内や戸建ての敷地内の水道管はどうなっているのでしょうか。

災害時の飲料水の備えにもなるボトルドウォーター

財団法人消防科学総合センターが、震度6弱以上を観測した地域に住む20歳以上の方を対象に「震災時にあって良かったもの」についてアンケートを行ったそうです。大地震等の災害に備えて用意しておいたほうが良いと思う物として、80%以上が「水」と回答しています。

冬の乾燥に水分補給を!

冬型の気圧配置は、西高東低で東側が低気圧、西側が高気圧のため毎年、北方からシベリア寒気団が押し寄せてきます。日本付近に強い寒気が流れ込み気温が下がり、空気も乾燥してくると心配なのが、「インフルエンザ」。通常の風邪と違い、インフルエンザは、症状が急にあらわれ、しかも変化が急激なので、小さいお子様は特に心配です。手洗いやうがい、マスクをつけるなどは、よく知られていますが、他に予防する方法はないものでしょうか。

夏の熱中症に水分補給を!

毎年、夏になると車の中に置き去りにされて死亡してしまう子供たちのニュースが後を絶ちません。また、ゴルフやテニスなど炎天下でのスポーツやイベントで、脱水症状を起こして倒れてしまうなど、さらにひどい時には、生命の危険を伴うこともあるのです。「まだ、春の5月だから大丈夫!」「ごくまれなケース」と思っていると、非常に危険です。春から夏にかけての5月〜6月でも熱中症は起こりうるのです。ましてや5月のゴールデンウィークは、アウトドアスポーツやレジャーの季節。知っているようで、知らない熱中症について、原因と予防法を少し学んでみましょう!

日本のお城(100名城)を描く(筆ペン画)

2006年に公益財団法人 日本城郭協会が定めた日本100名城のうち、天守閣が復元されているお城をメインに描きました。日本100名城には、現存12天守すべて含まれていますが、このページでは、現存12天守以外の日本100名城を掲載しています。

日本のお城(現存12天守閣)を描く(筆ペン画)

日本のお城で江戸時代以前に建造され、現在に至るまで戦争・災害などで消失せずに、現存している天守閣は12天守が存在しています。その貴重なお城の風景画を筆ペンで描き、イラストレーターのソフトでデータ化、彩色したものを写真・イラスト・動画・音楽の素材サイトPIXTAで素材販売をスタートさせました。

全国の上水道管の老朽化はどうなっているの?

TVの報道で見かける水道管破裂のニュース、人でいう狭心症や心筋梗塞のように血管内が詰まっていて危険な状態なのでは?と心配になってしまいます。実際、全国の上水道管の老朽化は進んでいて、総延長61万キロメートルの内ほぼ地球一周分に匹敵する距離が法律に定められた耐用年数40年を既に過ぎているとか・・・。公共部分の水道管を順次、取り替える事ができたとしても、その先のマンション内や戸建ての敷地内の水道管はどうなっているのでしょうか。

災害時の飲料水の備えにもなるボトルドウォーター

財団法人消防科学総合センターが、震度6弱以上を観測した地域に住む20歳以上の方を対象に「震災時にあって良かったもの」についてアンケートを行ったそうです。大地震等の災害に備えて用意しておいたほうが良いと思う物として、80%以上が「水」と回答しています。

冬の乾燥に水分補給を!

冬型の気圧配置は、西高東低で東側が低気圧、西側が高気圧のため毎年、北方からシベリア寒気団が押し寄せてきます。日本付近に強い寒気が流れ込み気温が下がり、空気も乾燥してくると心配なのが、「インフルエンザ」。通常の風邪と違い、インフルエンザは、症状が急にあらわれ、しかも変化が急激なので、小さいお子様は特に心配です。手洗いやうがい、マスクをつけるなどは、よく知られていますが、他に予防する方法はないものでしょうか。

夏の熱中症に水分補給を!

毎年、夏になると車の中に置き去りにされて死亡してしまう子供たちのニュースが後を絶ちません。また、ゴルフやテニスなど炎天下でのスポーツやイベントで、脱水症状を起こして倒れてしまうなど、さらにひどい時には、生命の危険を伴うこともあるのです。「まだ、春の5月だから大丈夫!」「ごくまれなケース」と思っていると、非常に危険です。春から夏にかけての5月〜6月でも熱中症は起こりうるのです。ましてや5月のゴールデンウィークは、アウトドアスポーツやレジャーの季節。知っているようで、知らない熱中症について、原因と予防法を少し学んでみましょう!

日本のお城(100名城)を描く(筆ペン画)

2006年に公益財団法人 日本城郭協会が定めた日本100名城のうち、天守閣が復元されているお城をメインに描きました。日本100名城には、現存12天守すべて含まれていますが、このページでは、現存12天守以外の日本100名城を掲載しています。

日本のお城(現存12天守閣)を描く(筆ペン画)

日本のお城で江戸時代以前に建造され、現在に至るまで戦争・災害などで消失せずに、現存している天守閣は12天守が存在しています。その貴重なお城の風景画を筆ペンで描き、イラストレーターのソフトでデータ化、彩色したものを写真・イラスト・動画・音楽の素材サイトPIXTAで素材販売をスタートさせました。

全国の上水道管の老朽化はどうなっているの?

TVの報道で見かける水道管破裂のニュース、人でいう狭心症や心筋梗塞のように血管内が詰まっていて危険な状態なのでは?と心配になってしまいます。実際、全国の上水道管の老朽化は進んでいて、総延長61万キロメートルの内ほぼ地球一周分に匹敵する距離が法律に定められた耐用年数40年を既に過ぎているとか・・・。公共部分の水道管を順次、取り替える事ができたとしても、その先のマンション内や戸建ての敷地内の水道管はどうなっているのでしょうか。

災害時の飲料水の備えにもなるボトルドウォーター

財団法人消防科学総合センターが、震度6弱以上を観測した地域に住む20歳以上の方を対象に「震災時にあって良かったもの」についてアンケートを行ったそうです。大地震等の災害に備えて用意しておいたほうが良いと思う物として、80%以上が「水」と回答しています。

冬の乾燥に水分補給を!

冬型の気圧配置は、西高東低で東側が低気圧、西側が高気圧のため毎年、北方からシベリア寒気団が押し寄せてきます。日本付近に強い寒気が流れ込み気温が下がり、空気も乾燥してくると心配なのが、「インフルエンザ」。通常の風邪と違い、インフルエンザは、症状が急にあらわれ、しかも変化が急激なので、小さいお子様は特に心配です。手洗いやうがい、マスクをつけるなどは、よく知られていますが、他に予防する方法はないものでしょうか。

夏の熱中症に水分補給を!

毎年、夏になると車の中に置き去りにされて死亡してしまう子供たちのニュースが後を絶ちません。また、ゴルフやテニスなど炎天下でのスポーツやイベントで、脱水症状を起こして倒れてしまうなど、さらにひどい時には、生命の危険を伴うこともあるのです。「まだ、春の5月だから大丈夫!」「ごくまれなケース」と思っていると、非常に危険です。春から夏にかけての5月〜6月でも熱中症は起こりうるのです。ましてや5月のゴールデンウィークは、アウトドアスポーツやレジャーの季節。知っているようで、知らない熱中症について、原因と予防法を少し学んでみましょう!

日本のお城(100名城)を描く(筆ペン画)

2006年に公益財団法人 日本城郭協会が定めた日本100名城のうち、天守閣が復元されているお城をメインに描きました。日本100名城には、現存12天守すべて含まれていますが、このページでは、現存12天守以外の日本100名城を掲載しています。

日本のお城(現存12天守閣)を描く(筆ペン画)

日本のお城で江戸時代以前に建造され、現在に至るまで戦争・災害などで消失せずに、現存している天守閣は12天守が存在しています。その貴重なお城の風景画を筆ペンで描き、イラストレーターのソフトでデータ化、彩色したものを写真・イラスト・動画・音楽の素材サイトPIXTAで素材販売をスタートさせました。

全国の上水道管の老朽化はどうなっているの?

TVの報道で見かける水道管破裂のニュース、人でいう狭心症や心筋梗塞のように血管内が詰まっていて危険な状態なのでは?と心配になってしまいます。実際、全国の上水道管の老朽化は進んでいて、総延長61万キロメートルの内ほぼ地球一周分に匹敵する距離が法律に定められた耐用年数40年を既に過ぎているとか・・・。公共部分の水道管を順次、取り替える事ができたとしても、その先のマンション内や戸建ての敷地内の水道管はどうなっているのでしょうか。

災害時の飲料水の備えにもなるボトルドウォーター

財団法人消防科学総合センターが、震度6弱以上を観測した地域に住む20歳以上の方を対象に「震災時にあって良かったもの」についてアンケートを行ったそうです。大地震等の災害に備えて用意しておいたほうが良いと思う物として、80%以上が「水」と回答しています。

冬の乾燥に水分補給を!

冬型の気圧配置は、西高東低で東側が低気圧、西側が高気圧のため毎年、北方からシベリア寒気団が押し寄せてきます。日本付近に強い寒気が流れ込み気温が下がり、空気も乾燥してくると心配なのが、「インフルエンザ」。通常の風邪と違い、インフルエンザは、症状が急にあらわれ、しかも変化が急激なので、小さいお子様は特に心配です。手洗いやうがい、マスクをつけるなどは、よく知られていますが、他に予防する方法はないものでしょうか。

夏の熱中症に水分補給を!

毎年、夏になると車の中に置き去りにされて死亡してしまう子供たちのニュースが後を絶ちません。また、ゴルフやテニスなど炎天下でのスポーツやイベントで、脱水症状を起こして倒れてしまうなど、さらにひどい時には、生命の危険を伴うこともあるのです。「まだ、春の5月だから大丈夫!」「ごくまれなケース」と思っていると、非常に危険です。春から夏にかけての5月〜6月でも熱中症は起こりうるのです。ましてや5月のゴールデンウィークは、アウトドアスポーツやレジャーの季節。知っているようで、知らない熱中症について、原因と予防法を少し学んでみましょう!